妊娠線の予防に効果的なお手入れ法を紹介します

日々の保湿ケア

妊娠線は、女性のほとんどと言っていいほどできてしまいます。
お腹が大きく膨らむとともに、皮膚が伸びていくため、妊娠線ができやすくなるのです。
皮膚は、真皮と表皮、皮下組織の3段の層でできています。表皮は皮膚がお腹が大きくなるペースに合わせて伸びますが、真皮や皮下組織は伸びにくいため、ペースに合わせることができません。
そのため、成長に合わせることができずに亀裂できてしまいます。これが、妊娠線です。
胎児を出産すると目立たなくなりますが、1度妊娠線ができると自然に消えることはありません。保湿をして消そうとしても簡単には消せないのです。
多くの人は出産後に妊娠線を消すためにクリームやオイルを使って保湿していきますが、それでは手遅れになってしまいます。
そこで重要なのが、妊娠初期からの保湿です。
妊娠に気づいてすぐにクリームやオイルなどで保湿しておくことで、妊娠線ができにくい肌を作り、妊娠線を予防することができるのです。

妊娠線ができる時期として多いのが、つわりが落ち着き、食欲が出始めた安定期の時期です。
その前に妊娠線を予防しておくことが大切なのです。
お腹の膨らみが小さい人もいますが、急にお腹が膨らむこともあります。
安定期に入ったら体重の増加を抑えながら、皮膚の保湿ケアをしておくことで、妊娠線を予防することができるのです。
妊娠線ができやすい人は、皮下組織の弾力が弱く、皮下脂肪に厚みがある人ができやすいと言われています。

ケア方法

妊娠線を予防するために、クリームやオイルを擦って塗る人もいますが、擦ってしまうと肌に刺激を与えてしまい、お腹が張ってしまう可能性があります。そのため、丁寧に優しく塗っていきましょう。

Read more

保湿と体重

妊娠線を予防する方法には、クリームやオイルなどの保湿はもちろん、体重を維持することも大切です。出産までどちらも気をつけることで、妊娠線の予防効果を高めることができます。

Read more

肌に優しい保湿製品

妊娠線を予防する目的としてクリームやオイルが使われていますが、その中には無添加の妊娠線クリームも存在します。保湿効果が高いまま、アレルギー肌や敏感肌の人も使用することができます。

Read more

血行を良くする

妊娠線を予防する効果を高めるには、血行を良くすることがポイントです。浴槽に浸かり身体を暖めることで血行が良くなります。血行を良くした後で保湿すると少量で高い保湿効果を得られます。

Read more

↑ PAGE TOP